Blog Archives

人と繋がる大切さ。ぐすん。

IMG_8670

メール送ってくださったみなさま!本当にありがとうございます!!泣
嬉しくて泣きそうです。
 
人との繋がりがこんなに嬉しいものだと実感したのは久しぶりだ。
ブログ続ける活力になるし、ほんとに嬉しいし、ありがたい。泣
メール作ってよかったなぁ。
 
そして摂食障害で悩んでる方へ、些細ながらも何か力になれることがあればと改めて強く思ったので、何かご意見やリクエストやなんでもいいので何かあればメールください(^O^)インスタでも。
 
メールを見させてもらって自分でも気になったことがあったので共有します。
 
“果たして摂食障害は海外に行くと治るのか??”
 
これに関して、わたしは摂食障害を克服した後にオーストラリアに来たので、海外が摂食障害にどう影響するのかを断言出来ないんですが、個人的には、摂食障害の方が海外に行くととても良い影響があると思っています。
 
というのも、わたしが摂食障害を患っていた頃も何度か短期〜1ヶ月の期間で海外旅行に行きましたが、その間は一度も吐きたくならなかったし、吐きませんでした。
食べ過ぎはしたけどね。笑 
 
なんていうか、旅行中はどこを観光しようか、どこのレストランに行こうか調べたり出歩き回ったりして、余計なこと(自分の体型とか容姿とか)を考えるヒマがなかったのが大きいのかな。
 
わたしは日本にいた時(特に摂食障害だった時)は、自分のコンプレックスをすごい感じてて。
しかも日本て可愛い子が多いし細い子が多い!
無意識に人と自分を比べてコンプレックスを感じる時間が多かったんですよね。
 
で、オーストラリアに来てみると、まぁ海外の女の子ももちろん可愛いしキレイなんだけど、もう人種から違うから比べることがなくて。
素直に海外の人もキレイだし、自分のアジア顔も黒髪もキレイだなって思えるようになりました。
 
それになんといっても小顔問題がなくなる!笑
海外の人って顔の大きさに関して無頓着。お尻が大きい小さいとか背が高い低いとか、ただの人の特徴として見られていて、日本みたいに「顔ちっちゃいねー!」が褒め言葉ではなくなります。
 
どっかのサイトで見たけど、海外の人に顔ちっちゃいっていうと、逆に脳みそまで小さくいって言ってバカにしてるんじゃないかと思われることまであるそうで。
一度わたしがブラジル人の友達に、「日本は小顔が命で、そのために大金を払う人もいるんだよー」って言ったら、「え、なんで顔のサイズ?おっぱいのサイズが1番じゃないの??」って聞き返されたことがある。笑
 
体型に関しても、こっちはみんな大きいから気にならなくなる。笑 
それに日本人の美意識にありがちな、細ければなんぼみたいなマッチ棒体型が、こっちの美意識では頂点では断じてないんですよね。
 
お尻や胸が大きいのがセクシーだったり。
三段腹の女の子がぴったりニット着てたり、おばちゃんでさえショートパンツ吐いてたりとか、みんなほんとに気にしない。笑 
 
日本ってテレビや雑誌の影響か、細いのが当たり前に美意識の頂点みたいになってるよね。
わたしはそれを勝手にプレッシャーとして感じてました。そんな必要ないのに。
 
わたしはこっちに来て、自分の長所をもっと知ることが出来たし、日本にいたら感じるプレッシャーみたいのからは解放されました。
なんてちっちゃいこと気にしてたんだろうって思う。笑
 
だからわたしは摂食障害の方は海外に出てほしいなぁって思います。
新しい文化や人や色んな刺激を受けて、自分の体型やコンプレックスにかまう余裕がなくなるから。
 
楽だし楽しいよー海外!
 
わたしはつかの間のホームシックから復活して、彼とも話し合って仲戻って、オーストラリアで暮らせていることにありがたみを感じて、初心に戻ってます(^O^)
 
何よりメールいただいた嬉しさがハンパなくてブログももっと更新しようと思ったり、本当に励まされました!
感謝です♡
 
あそうだ、インスタには載せたんだけどtattoo入れました(^O^)
IMG_8670

おなかだから、服によってはちらりと見えるのが可愛くてお気に入り♡
 

記事をシェアしませんか?


初ホームシック

オーストラリアに来て初めてホームシックになりました…(°_°)
 
とゆーのも昨日めちゃめちゃ体調を崩して部屋で1人で安静にしてたら孤独を感じたとゆーのから始まり。
 
あと彼とちょっとしたケンカした(°_°)
ケンカとゆーか一方的にわたしが彼に対してイヤになったことがあって。
 
最近家と仕事との行き来しかしてないし主に彼としか話してないし、なんか閉塞感。
オーストラリアとゆー広大な土地にいるのに閉塞感…
 
家族や友達と話してたらめちゃめちゃ日本に帰りたくなったとゆー。
 
ふぅ。
 
とゆーことで何か(彼以外との)人との繋がりを感じられることをしたいなぁと思うこの頃。
 
生活が決まりすぎててちょっとマンネリしてるってゆーのもわたしらしくない。
 
ってゆーことをある友達に話したら、”Suna, just do it what you feel. Just do it.”と。
 
その子はわたしがどんなになまけものかを知ってるから、もうとにかく何か行動してみなよ、と。
 
シンプルだけど、今のわたしにとっては荷が重い。
友達に会いたいけど会いたくない。
外出したいけどしたくない。
何か変えたいけどめんどくさい。
 
めんどくさがりでなまけものなんて最悪だ。
それで自分が満足してればいいんだけど、何か足りない気がしてる。
これが1番やだ。
自分に満足してない。
でも結局いつもと同じことをしてたらいつもと同じ自分になるのは当たり前。
誰かが救ってくれるわけでもない。
自分を変えられるのは自分だけなんだ。
 
そう思ったらわたしはまだまだあまちゃんだなぁ…
 
体調を壊すと思考までごちゃごちゃになる。
なんでもいいからとにかく行動しろ、自分。
さもなくば行動しない自分を受け入れろ、自分。
 
あ、そうだ。
このブログ用にメアドを作ってみました。
yabouchan.suna@gmail.com
てゆーのもコメント欄を設けてないからこのブログ上で人と会話することが不可能ってゆーのに気付いて。
 
なんでもいいので何かあったら気軽にメールください(^O^)
インスタでもいいし。
 
ぐんない。
 

記事をシェアしませんか?


オーストラリアの意外な仕事事情

Instagram♡follow me
 
どうも、ここオーストラリアは朝晩肌寒くなってきました。
 
今スタバのスラペチーノをテラス席で飲んでるんだけど、寒くて震えてます。
 
突然ですがここ最近仕事に対してめちゃめちゃストレスなことがあって、多分オーストラリアで働いたことがある人は同感してくれるかも。
 
私は今何個か仕事をかけ持ちして働いてるんだけど、その中の1つのレストランの仕事。
 
ここはオージーのオーナーが運営してるジャパレスで、従業員は中国・台湾・日本とアジア人のみ。
ジャパレスといえど給料はローカルレストランと同じく、日曜日だと時給$30近くという好条件。
 
で、私は3月末から働き出しだんだけど、ここ3週間くらいは静かな時期ってのもあってあまりシフトがもらえなかったんです。
 
てかもらえなさすぎで。
 
週にたったの5時間っていうシフトが3週間も続いて。
 
私は他の仕事も持ってるから生活にとても困る訳ではないんだけど、やっぱりもっとシフトはほしい。
 
ってことでマネージャー(チャイニーズ)になんでこんなにシフトが少ないのかって聞いたら、「あんたはニュースタッフだから」ってさ。
 
なんだよそれ、納得できん!
 
だってニュースタッフだからこそトレーニングが必要だし、週に5時間(しかもランチ時間)だとどうやったって上達は遅くなるでしょーが!
 
私はこの時てっきりマネージャーが私のこと嫌いだからかと思ってた。(そのくらい納得できなかった。)
 
そんでもって他のマネージャーにも抗議したら、次の週から少しシフトを増やしてもらえることになったので、お、やったーやっぱり自分の気持ち伝えてよかったぁって思ってたんですが…
 
このことを後日他の仲良いスタッフに話したら、「あんたそんなことマネージャーにゆったの??!あんたくびにされるよっ!!」ってゆわれる始末。
 
その子いわく、前に働いてたスタッフが私と同じような立場で、シフトを増やしてくれってマネージャーに言った後に、いつのまにかくびになってたとのこと。
 
え、なんで?なんでだ??
 
ってことでオージーの彼(あ、実はこっちで彼氏が出来たんです!w)にこのことを聞いてみたら、オーストラリアでは普通とのこと。
 
つまり、3ヶ月くらいは新人にとってトレーニング期間で、なんでも出来るようになってからじゃないとシフトがもらえないガチ実力主義。
 
えーーーーっなんだそれ、オージーって働かないイメージだったよ!
 
厳しいなぁオーストラリア…
 
こっちに来て9ヶ月目にして初めてオーストラリアについてネガティブなことを思った瞬間だった…
 
てか今まで屋台のおもちゃ屋さんとかケバブ屋さんとか1人か2人ってゆう少人数で働く仕事か、皿洗いやハウスキーピングってゆう嫌すぎてすぐやめた仕事しかしたことなかったからわからなかった。
 
実力主義かぁ、確かに替えは山ほどいるもんなぁ…
 
日本とは違うよね。
日本だと仕事を始めちゃえば仕事が出来なくても(ほんとにだめだめじゃない限り)、続けていけるもんね。
 
てことでバイト行くにも会社と同じように緊張感ぴりぴりで行かなきゃいけないはめに。
 
てか不満を言わないのが日本人ってよく言うけど、不満とか思ったことをすぐ言っちゃう私は日本人の良さにちょっと欠けてるってことか。笑
 
あ〜憂鬱だ。
ってゆうのも、もう1人のマネージャーにも私は不満を伝えたんだけど、そのマネージャーが前回スタッフをくびにしたらしく。
友達いわく、今は彼がホリデーとってて店にいないから私はくびにされてないらしいらしく、彼が戻ってきたらわからないよ、と。
 
あ〜もうなんかトホホだ。
 
他の仕事をまた見つけるのもめんどくさいし、やっと全体の仕事を覚えてきたからすぐにやめたくはない。
 
とりあえず今入ってるシフトを一生懸命やるしかない!
 
がんばれ自分!!
 

記事をシェアしませんか?