Blog Archives

人生初の”9ct”。

img_9898

少し前に彼がサプライズで9ctのゴールドネックレスをプレゼントしてくれました(^_^)

わたしはどちらかと言うと、お金を物より経験や旅に使うタイプで、服もアクセサリーも大量に持ってないし、シンプルな物が好きだからそれでも十分でした。(靴にはお金をかけたい派だけど。)  
だから9ctのアクセサリーなんて今まで持ったことがなくて。

9ctはつけたままお風呂や海に入っても錆びることがないもので、まずこの事実にめちゃめちゃ感動しました(´・_・`)  

ただそれ以上に感動したのは彼の人間性だった。  

わたしは今までつき合った人にサプライズでアクセサリーをもらったことが何度かあるんだけど、実はこれがすごい苦手。  
だってアクセサリーって好みがはっきり出るものだし、すこーーーしでも違ってたら絶対身につけたくないんだもん。

それに、わたしの好みのアクセサリーをどんぴしゃでくれた人なんて1人もいない。
それくらいアクセサリー選びって男の人にとって難しいと思う。  

でももらったからには大切にしたいし毎日つけたいから、くれた相手には、自分のタイプじゃないことを伝えて、毎日つけたいから他のものに替えられるか聞いてきました。 もちろんありがとうとごめんなさいは心をこめて言います。  

くれたものがタイプじゃないからと言って我慢して彼の前だけでつけるとか、引き出しの中に一生眠らせるとか、私はいやだ。
だからこれが彼に対しての私の誠意だと思ってる。  

他のものに替えられないのなら仕方がないけど、こういう場合ってお店側も理解してくれて他のものに替えてくれることが多かった。  

ただ、ほとんどの人は機嫌を損ねる。  

自分が選んで買ってあげたものを他のものに替えられる、っていうのが不満みたいで(´・_・`)  

1番記憶に残ってるのは、誕生日にCHANELのピアスをプレゼントしてくれた元彼。
CHANELは好きだけどピアスは私のタイプじゃなかった。

それ以前に、私は金属アレルギー持ちだから、メッキのピアスはつけられないんです。
彼にもそのことは話したことがあって。  

だからせめてピアスじゃないものに替えられないか聞いてみたら、彼、激怒。

私の誕生日だったにも関わらず、それから3、4日は連絡が取れなくなった。ちーん。

私だったら、相手に喜んで、心底気に入ってほしいから正直に言ってくれた方がありがたい。
てかまずサプライズにアクセサリーは選ばないけど。(相手がずっと欲しがってたものだったら別。)  

で、話を戻すと、実は今回も彼がくれたネックレスは可愛かったんだけど、私のタイプではなかったんです。

これがそのネックレス↓
img_9887

このサプライズ自体はめちゃめちゃ嬉しかった!  

でも、実はこのネックレス、ホックの部分が壊れてたんです。
で、次の日にお店に行って直してもらおうってことになったの。  

だからこの勢いで彼に、聞いてみた。  

わたし「・・ねぇ、もしよかったら、他のものと替えてもいい?」  
彼「え?うん、当たり前じゃん。君の好きなものをプレゼントしたかったんだから。てか君の好みのものを選べなくてごめんよ・・でもサプライズしたかったんだ。」  

え、ぇぇえ???
こんな神対応、アリ??  

しかも、私が気に入ったものがもし高くても大丈夫なように現金を多めにくれたり。  
彼、若干22歳。(私、29歳。笑)  

大人っぽいなぁとは思ってたけど、ここまで大人だと思わなかった。

てかただの文化の違いなのかなぁ。  
彼はいい意味で普段プライドがないんです。(仕事は別。)  

だから、言いたいこと我慢出来ない私が何を言っても、素直に受け入れてくれる。
間違ってると思ったことはそれもちゃんと言ってくれるし。  

で、感情がニュートラル。  
突然怒り出したり泣き出したりすることがまったくなく、いつもおだやかな波のよう。

私自身が、特に生理前とかイライラすることが多いから、そんな彼が一緒だと、ほんとに助かります・・
ジェットコースターみたいな感情をフラットにしてくれる。  

一緒にいてくれてほんとにありがたいし、この1件でますます好きになりました(^_^)  

で、結局替えてもらったのがこれ↓
img_9898
チャームとチェーンが別々だから、他のチャームでも使える(^_^)  

錆びないとは言いつつもやっぱりお風呂では外してしまう心配性。笑  

ほんとにありがとう! 大切にしよう。  

記事をシェアしませんか?


ほっこり休日。

S__25059356

ゴールドコーストは激さむです。
わたしは職場も家も海のすぐそばだから余計に寒い。  

こないだ久しぶりに彼と休みがかぶったから彼のパパんちへ遊びに行ってきました。  

ゴールドコーストの中心地から1時間ほど。  
湖の真ん前にある、木で出来た大きい家。
まるで別荘、素敵!  

自然に囲まれたこの地で彼が育ったんだだなぁと思うとなんだかほのぼの。  

小さい頃の写真がたくさんあって、まさに天使・・・♡
外国の子供ってまるで人形が動いてるみたいで本当に本当に可愛い・・・♡  

わたしが大好きな暖炉もあったりして、寒くてやだったくせに、今となってはここに冬がくることに感謝。笑
S__25059346

わんことほっこり。  

暖炉の前でピクニックみたいにチーズやディップをならべてお酒飲んで、ランチにはパパと彼でサーモンを作ってくれました(^_^)S__25059356
ほんとに癒された1日。

たまには休みの日に自然に出かけるのも必要だなぁ。  

記事をシェアしませんか?


オーストラリアにもおしゃれな服は必要。

あぁ寒い・・ 
オーストラリアはまっすぐ冬に向かってます。

冬産まれなのに寒いのが本当に苦手。  
こっち来る前はゴールドコーストって年中あったかいハワイみたいなもんだと思ってたのに。  

そういえば去年の8月に初めてオーストラリアに来て、寒さにビックリしたのを思い出しました。
念のため持ってきたけど使わないと思ってたユニクロのライトダウンを活用しまくったよなぁ。  

こっちに来て思ったけど日本のゴールドコーストの情報サイトは信用ならんと思ったよね。

だって冬でもダウンが必要なほど寒くはならないって書いてあったし。  

特に雨。  

ゴールドコーストは年中ほとんど晴れてて雨がめずらしいみたいに書いてるサイトがたくさんあったけど、実際雨けっこう降るんですよ。
一日中降る時や嵐の時もあるし、一日の中で2、3時間だけざーっと降るなんてざら。  

あと服!

何カ所か回ったエージェントの人たちに決まって言われたのは、「オーストラリアはみんなカジュアルだからおしゃれな服なんていらないからね〜。一週間分の服だけで十分だよ〜。」。

いやいや、これ言う人はオーストラリアに行ったことがないと思います(´・_・`) 

ゴールドコーストの中心地は特に、おしゃれな服装の若者はじめ年配の方がたくさん!
デニムしか持ってかなかったわたしは日本にいる家族にお願いして服送ってもらったくらい。   

だからもし留学やワーホリを考えてる人は、一着でもいいから、おしゃれな服や靴を持ってくのをおすすめします(^_^)

記事をシェアしませんか?