Blog Archives

人と繋がる大切さ。ぐすん。

メール送ってくださったみなさま!本当にありがとうございます!!泣
嬉しくて泣きそうです。
 
人との繋がりがこんなに嬉しいものだと実感したのは久しぶりだ。
ブログ続ける活力になるし、ほんとに嬉しいし、ありがたい。泣
メール作ってよかったなぁ。
 
そして摂食障害で悩んでる方へ、些細ながらも何か力になれることがあればと改めて強く思ったので、何かご意見やリクエストやなんでもいいので何かあればメールください(^O^)インスタでも。
 
メールを見させてもらって自分でも気になったことがあったので共有します。
 
“果たして摂食障害は海外に行くと治るのか??”
 
これに関して、わたしは摂食障害を克服した後にオーストラリアに来たので、海外が摂食障害にどう影響するのかを断言出来ないんですが、個人的には、摂食障害の方が海外に行くととても良い影響があると思っています。
 
というのも、わたしが摂食障害を患っていた頃も何度か短期〜1ヶ月の期間で海外旅行に行きましたが、その間は一度も吐きたくならなかったし、吐きませんでした。
食べ過ぎはしたけどね。笑 
 
なんていうか、旅行中はどこを観光しようか、どこのレストランに行こうか調べたり出歩き回ったりして、余計なこと(自分の体型とか容姿とか)を考えるヒマがなかったのが大きいのかな。
 
わたしは日本にいた時(特に摂食障害だった時)は、自分のコンプレックスをすごい感じてて。
しかも日本て可愛い子が多いし細い子が多い!
無意識に人と自分を比べてコンプレックスを感じる時間が多かったんですよね。
 
で、オーストラリアに来てみると、まぁ海外の女の子ももちろん可愛いしキレイなんだけど、もう人種から違うから比べることがなくて。
素直に海外の人もキレイだし、自分のアジア顔も黒髪もキレイだなって思えるようになりました。
 
それになんといっても小顔問題がなくなる!笑
海外の人って顔の大きさに関して無頓着。お尻が大きい小さいとか背が高い低いとか、ただの人の特徴として見られていて、日本みたいに「顔ちっちゃいねー!」が褒め言葉ではなくなります。
 
どっかのサイトで見たけど、海外の人に顔ちっちゃいっていうと、逆に脳みそまで小さくいって言ってバカにしてるんじゃないかと思われることまであるそうで。
一度わたしがブラジル人の友達に、「日本は小顔が命で、そのために大金を払う人もいるんだよー」って言ったら、「え、なんで顔のサイズ?おっぱいのサイズが1番じゃないの??」って聞き返されたことがある。笑
 
体型に関しても、こっちはみんな大きいから気にならなくなる。笑 
それに日本人の美意識にありがちな、細ければなんぼみたいなマッチ棒体型が、こっちの美意識では頂点では断じてないんですよね。
 
お尻や胸が大きいのがセクシーだったり。
三段腹の女の子がぴったりニット着てたり、おばちゃんでさえショートパンツ吐いてたりとか、みんなほんとに気にしない。笑 
 
日本ってテレビや雑誌の影響か、細いのが当たり前に美意識の頂点みたいになってるよね。
わたしはそれを勝手にプレッシャーとして感じてました。そんな必要ないのに。
 
わたしはこっちに来て、自分の長所をもっと知ることが出来たし、日本にいたら感じるプレッシャーみたいのからは解放されました。
なんてちっちゃいこと気にしてたんだろうって思う。笑
 
だからわたしは摂食障害の方は海外に出てほしいなぁって思います。
新しい文化や人や色んな刺激を受けて、自分の体型やコンプレックスにかまう余裕がなくなるから。
 
楽だし楽しいよー海外!
 
わたしはつかの間のホームシックから復活して、彼とも話し合って仲戻って、オーストラリアで暮らせていることにありがたみを感じて、初心に戻ってます(^O^)
 
何よりメールいただいた嬉しさがハンパなくてブログももっと更新しようと思ったり、本当に励まされました!
感謝です♡
 
あそうだ、インスタには載せたんだけどtattoo入れました(^O^)
IMG_8670

おなかだから、服によってはちらりと見えるのが可愛くてお気に入り♡
 

記事をシェアしませんか?


グルテンフリーのパスタのような。

最近生活が(ありがたいことに?)目まぐるしくて、疲れ気味であります(°_°)
というのも年明けから新しくIELTSのコースを受けていて、ただでさえちんぷんかんぷんなのに宿題の量がはんぱない。
しかも今私は2つ仕事をかけ持ちしていて、ほぼ毎日働いてるから(そして仕事終わりに飲んで帰るから笑)目まぐるしく毎日がすぎてゆく。
 
仕事してお金稼ぎたいけど、高い授業料を払って英語を習いに来たっていう初心を忘れずに、本業の学生もがんばっていかないとな。
 
あ、そういえば最近パッタイにはまってます。
というのも、パスタが食べたくて、グルテンフリーのものを探してみたものの結構高い。
とゆーことで代わりにパッタイを使ってパスタを作ってみたら、案外イケる!
まるでフェットチーネのよう。
S__22659091

 

グルテンフリーだし安いし腹持ちいいし、最近は常備してます。
 
カルボナーラや、
S__22659090

 

シンプルにトマトソースも♡
S__22659089

 

パッタイとパスタソースだけ揃えれば簡単に作れます(^_^)
 

記事をシェアしませんか?


摂食障害は世界共通。

日に日に学校が楽しくなってきました(^_^)
 
友達がどんどん増えるってのが大きいかも。
顔見知りから友達になり、その友達が友達になり。
 
色んな国や年齢の人がいるからおもしろい!
この4日で友達になった人も、下は16歳〜上は35歳だったり、国籍もスイス、ブラジル、ドイツ、コロンビア、チリ、ドバイ、サウジアラビア、クウェートなどなど、めちゃめちゃ多国籍。
 
16歳の若者と、どんだけONE PIECE(漫画)が好きかって話で盛り上がったりするのが楽しい。笑
 
それに、みんな慣れない英語で一生懸命伝えようとするから、自然と絆みたいのが出来てくる。
些細なことでも伝わると嬉しいし、そうゆう意味では毎日小さい感動がたくさんあります(^_^)
 
28歳のアラサー学生、引き続き楽しみます(^_^)
 
今日はReading強化のために、本屋さんをうろうろ。
偶然、摂食障害に陥った女性について書かれた本(半分漫画みたいなもの)を見つけたので買ってみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最初のページに、ガイコツらしき人(痩せた人を描写してるのかな。)に女の子が首をつかまれて
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
“I told you not to eat. YOU ARE TOO FAT!!”
(食べるなってゆったじゃん!あんためちゃ太ってるよ!)
って言われてるイラストに心がズキッとしました。
 
どこの国でも女性の悩みは一緒なんだなぁ・・
少しずつ読んでみよう。

記事をシェアしませんか?