Blog Archives

オーストラリアの意外な仕事事情

Instagram♡follow me
 
どうも、ここオーストラリアは朝晩肌寒くなってきました。
 
今スタバのスラペチーノをテラス席で飲んでるんだけど、寒くて震えてます。
 
突然ですがここ最近仕事に対してめちゃめちゃストレスなことがあって、多分オーストラリアで働いたことがある人は同感してくれるかも。
 
私は今何個か仕事をかけ持ちして働いてるんだけど、その中の1つのレストランの仕事。
 
ここはオージーのオーナーが運営してるジャパレスで、従業員は中国・台湾・日本とアジア人のみ。
ジャパレスといえど給料はローカルレストランと同じく、日曜日だと時給$30近くという好条件。
 
で、私は3月末から働き出しだんだけど、ここ3週間くらいは静かな時期ってのもあってあまりシフトがもらえなかったんです。
 
てかもらえなさすぎで。
 
週にたったの5時間っていうシフトが3週間も続いて。
 
私は他の仕事も持ってるから生活にとても困る訳ではないんだけど、やっぱりもっとシフトはほしい。
 
ってことでマネージャー(チャイニーズ)になんでこんなにシフトが少ないのかって聞いたら、「あんたはニュースタッフだから」ってさ。
 
なんだよそれ、納得できん!
 
だってニュースタッフだからこそトレーニングが必要だし、週に5時間(しかもランチ時間)だとどうやったって上達は遅くなるでしょーが!
 
私はこの時てっきりマネージャーが私のこと嫌いだからかと思ってた。(そのくらい納得できなかった。)
 
そんでもって他のマネージャーにも抗議したら、次の週から少しシフトを増やしてもらえることになったので、お、やったーやっぱり自分の気持ち伝えてよかったぁって思ってたんですが…
 
このことを後日他の仲良いスタッフに話したら、「あんたそんなことマネージャーにゆったの??!あんたくびにされるよっ!!」ってゆわれる始末。
 
その子いわく、前に働いてたスタッフが私と同じような立場で、シフトを増やしてくれってマネージャーに言った後に、いつのまにかくびになってたとのこと。
 
え、なんで?なんでだ??
 
ってことでオージーの彼(あ、実はこっちで彼氏が出来たんです!w)にこのことを聞いてみたら、オーストラリアでは普通とのこと。
 
つまり、3ヶ月くらいは新人にとってトレーニング期間で、なんでも出来るようになってからじゃないとシフトがもらえないガチ実力主義。
 
えーーーーっなんだそれ、オージーって働かないイメージだったよ!
 
厳しいなぁオーストラリア…
 
こっちに来て9ヶ月目にして初めてオーストラリアについてネガティブなことを思った瞬間だった…
 
てか今まで屋台のおもちゃ屋さんとかケバブ屋さんとか1人か2人ってゆう少人数で働く仕事か、皿洗いやハウスキーピングってゆう嫌すぎてすぐやめた仕事しかしたことなかったからわからなかった。
 
実力主義かぁ、確かに替えは山ほどいるもんなぁ…
 
日本とは違うよね。
日本だと仕事を始めちゃえば仕事が出来なくても(ほんとにだめだめじゃない限り)、続けていけるもんね。
 
てことでバイト行くにも会社と同じように緊張感ぴりぴりで行かなきゃいけないはめに。
 
てか不満を言わないのが日本人ってよく言うけど、不満とか思ったことをすぐ言っちゃう私は日本人の良さにちょっと欠けてるってことか。笑
 
あ〜憂鬱だ。
ってゆうのも、もう1人のマネージャーにも私は不満を伝えたんだけど、そのマネージャーが前回スタッフをくびにしたらしく。
友達いわく、今は彼がホリデーとってて店にいないから私はくびにされてないらしいらしく、彼が戻ってきたらわからないよ、と。
 
あ〜もうなんかトホホだ。
 
他の仕事をまた見つけるのもめんどくさいし、やっと全体の仕事を覚えてきたからすぐにやめたくはない。
 
とりあえず今入ってるシフトを一生懸命やるしかない!
 
がんばれ自分!!
 

記事をシェアしませんか?