Blog Archives

オーストラリアにもおしゃれな服は必要。

あぁ寒い・・ 
オーストラリアはまっすぐ冬に向かってます。

冬産まれなのに寒いのが本当に苦手。  
こっち来る前はゴールドコーストって年中あったかいハワイみたいなもんだと思ってたのに。  

そういえば去年の8月に初めてオーストラリアに来て、寒さにビックリしたのを思い出しました。
念のため持ってきたけど使わないと思ってたユニクロのライトダウンを活用しまくったよなぁ。  

こっちに来て思ったけど日本のゴールドコーストの情報サイトは信用ならんと思ったよね。

だって冬でもダウンが必要なほど寒くはならないって書いてあったし。  

特に雨。  

ゴールドコーストは年中ほとんど晴れてて雨がめずらしいみたいに書いてるサイトがたくさんあったけど、実際雨けっこう降るんですよ。
一日中降る時や嵐の時もあるし、一日の中で2、3時間だけざーっと降るなんてざら。  

あと服!

何カ所か回ったエージェントの人たちに決まって言われたのは、「オーストラリアはみんなカジュアルだからおしゃれな服なんていらないからね〜。一週間分の服だけで十分だよ〜。」。

いやいや、これ言う人はオーストラリアに行ったことがないと思います(´・_・`) 

ゴールドコーストの中心地は特に、おしゃれな服装の若者はじめ年配の方がたくさん!
デニムしか持ってかなかったわたしは日本にいる家族にお願いして服送ってもらったくらい。   

だからもし留学やワーホリを考えてる人は、一着でもいいから、おしゃれな服や靴を持ってくのをおすすめします(^_^)

記事をシェアしませんか?


人と繋がる大切さ。ぐすん。

IMG_8670

メール送ってくださったみなさま!本当にありがとうございます!!泣
嬉しくて泣きそうです。
 
人との繋がりがこんなに嬉しいものだと実感したのは久しぶりだ。
ブログ続ける活力になるし、ほんとに嬉しいし、ありがたい。泣
メール作ってよかったなぁ。
 
そして摂食障害で悩んでる方へ、些細ながらも何か力になれることがあればと改めて強く思ったので、何かご意見やリクエストやなんでもいいので何かあればメールください(^O^)インスタでも。
 
メールを見させてもらって自分でも気になったことがあったので共有します。
 
“果たして摂食障害は海外に行くと治るのか??”
 
これに関して、わたしは摂食障害を克服した後にオーストラリアに来たので、海外が摂食障害にどう影響するのかを断言出来ないんですが、個人的には、摂食障害の方が海外に行くととても良い影響があると思っています。
 
というのも、わたしが摂食障害を患っていた頃も何度か短期〜1ヶ月の期間で海外旅行に行きましたが、その間は一度も吐きたくならなかったし、吐きませんでした。
食べ過ぎはしたけどね。笑 
 
なんていうか、旅行中はどこを観光しようか、どこのレストランに行こうか調べたり出歩き回ったりして、余計なこと(自分の体型とか容姿とか)を考えるヒマがなかったのが大きいのかな。
 
わたしは日本にいた時(特に摂食障害だった時)は、自分のコンプレックスをすごい感じてて。
しかも日本て可愛い子が多いし細い子が多い!
無意識に人と自分を比べてコンプレックスを感じる時間が多かったんですよね。
 
で、オーストラリアに来てみると、まぁ海外の女の子ももちろん可愛いしキレイなんだけど、もう人種から違うから比べることがなくて。
素直に海外の人もキレイだし、自分のアジア顔も黒髪もキレイだなって思えるようになりました。
 
それになんといっても小顔問題がなくなる!笑
海外の人って顔の大きさに関して無頓着。お尻が大きい小さいとか背が高い低いとか、ただの人の特徴として見られていて、日本みたいに「顔ちっちゃいねー!」が褒め言葉ではなくなります。
 
どっかのサイトで見たけど、海外の人に顔ちっちゃいっていうと、逆に脳みそまで小さくいって言ってバカにしてるんじゃないかと思われることまであるそうで。
一度わたしがブラジル人の友達に、「日本は小顔が命で、そのために大金を払う人もいるんだよー」って言ったら、「え、なんで顔のサイズ?おっぱいのサイズが1番じゃないの??」って聞き返されたことがある。笑
 
体型に関しても、こっちはみんな大きいから気にならなくなる。笑 
それに日本人の美意識にありがちな、細ければなんぼみたいなマッチ棒体型が、こっちの美意識では頂点では断じてないんですよね。
 
お尻や胸が大きいのがセクシーだったり。
三段腹の女の子がぴったりニット着てたり、おばちゃんでさえショートパンツ吐いてたりとか、みんなほんとに気にしない。笑 
 
日本ってテレビや雑誌の影響か、細いのが当たり前に美意識の頂点みたいになってるよね。
わたしはそれを勝手にプレッシャーとして感じてました。そんな必要ないのに。
 
わたしはこっちに来て、自分の長所をもっと知ることが出来たし、日本にいたら感じるプレッシャーみたいのからは解放されました。
なんてちっちゃいこと気にしてたんだろうって思う。笑
 
だからわたしは摂食障害の方は海外に出てほしいなぁって思います。
新しい文化や人や色んな刺激を受けて、自分の体型やコンプレックスにかまう余裕がなくなるから。
 
楽だし楽しいよー海外!
 
わたしはつかの間のホームシックから復活して、彼とも話し合って仲戻って、オーストラリアで暮らせていることにありがたみを感じて、初心に戻ってます(^O^)
 
何よりメールいただいた嬉しさがハンパなくてブログももっと更新しようと思ったり、本当に励まされました!
感謝です♡
 
あそうだ、インスタには載せたんだけどtattoo入れました(^O^)
IMG_8670

おなかだから、服によってはちらりと見えるのが可愛くてお気に入り♡
 

記事をシェアしませんか?


ビザ切替のためにニュージーランドへ1人旅

IMG_6109

Instagram♡follow me
 
どうも、SUNAです。
 
最近近所にユニクロとH&Mが出来てうきうきしてます。
 
そういえば2月にニュージーランドに行ってきました。
 
というのも、学生ビザからワーホリビザに切り替えるのに、一旦オーストラリアを出ないといけなくて、久々に1人旅してきました。
 
今回の1番のビッグイベントはテカポで世界一の星空を見ること!
とゆーことで、広大な自然があるニュージーランドの南島を廻ることに。
 
着いた空港はクライストチャーチ。
 
2011年に大きな地震があった影響で、街全体が工事中、真新しいスタイリッシュなビルが多くて近未来のようなイメージを受けた。
 
着いたバッパーでビザを申請し、あとはのんびり。
 
バッパーの周りにはなんにもなくて、スーパーへ行くにも徒歩30分。
でも道全体が広くてなんだか歩いてるだけで気持ちよかった。
 
2日目にいよいよテカポへ。
バスで3時間くらいでテカポに到着!
 
テカポの街の前に広がる湖がとにかく信じられないくらい真っ青で、後ろに広がる茶色の山々と合わせて見ると、なんだか宇宙みたいだった。
IMG_6086

 
すでに感動っ!
 
テカポへ着くと”湖畔”というサーモン丼が有名なレストランへ。
IMG_6036

お、美味しい!
 
久しぶりに本格的なサーモン食べたから、築地で食べた海鮮丼並に感動した。
 
で、夜はツアーで山の上にある天文台から星を見ることに。
前の日も2日前も天気が悪くてツアーが中止になったらしく、ちょうど晴れた日にツアーに参加出来てラッキー ◡̈⃝
 
テカポの街は星空観測のためにとにかく暗ーくしなければいけない決まりだそうで、あかりは極力赤いライトを使う。
 
星空は期待通り肉眼できれいに見えて、天文台からもいくつか見させてもらって大満足でした。
 
でも正直、アメリカのグランドキャニオンからラスベガスに行く途中で見た星空の方がすごかった。
あそこはただ道が広がるだけで光がまったくないから、すっごいきれいに見えて、めちゃめちゃ感動したのを覚えている。
 
とは言いつつ憧れのテカポで星空を見れて夢が叶った!わーい!
この写真は私の普通のデジカメでプロのカメラマンが撮ってくれたお宝もの。
IMG_6109

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いやーやっぱりプロはすごいなぁ。
 
その後はクイーンズタウンに行きました。
 
ここはクライストチャーチと違って、バーやカフェが街の中にたくさんあって人が多いからうきうきする ◡̈⃝
 
そこからミルフォードサウンド、テアナウ、マウントクックと行きたいところに行きまくり。
 
ニュージーランドはとにかく自然が広大!
どこへ行くにも行きのバスで想像以上の自然が見れるから、うっとりしてため息ばかりつく。
バスからの景色。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミルフォードサウンド
IMG_6304

ミラーレイク
IMG_6318

テアナウで食べたベニソンパイ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ネットでは好みが別れるって書いてあったけど私は好きだった。
 
マウントクック
IMG_6418

クイーンズタウンで食べた世界一と言われるハンバーガー”Fergburger”
IMG_6526

ニュージーランドは自然を見るには贅沢な場所。
私的にはミルフォードサウンドとテアナウの土ボタル洞窟ツアーはおすすめ!!
 
マウントクックは行っても行かなくてもいいかな。
どこも景色がすばらしすぎてマウントクックにはあまり特別な感動はなかった。
 
で、肝心のビザですが、申請から5〜6日たってもまだおりず。
ネットでは即発行される人もいれば、平均が3日って書いてあったから余裕で発行されてる予定だったんだけど、予想以上に時間がかかりまして。
 
ここにきて問題はお金。
ニュージーランド、すばらしいけど物価や何もかもが高い。
 
オーストラリアと同じくらいではあるけど、私はツアーや移動のバスにがんがんお金を使ってきちゃったから、予想以上に出費しちゃって焦りはじめ。
 
でも行きたいとこには全部行けたから、とにかくクライストチャーチに戻ってひたすらビザを待つことに。
 
この、いつ発行されるかわからないビザをひたすら待つことがけっこうきつい。
 
オーストラリアを出る時に強制的に取らされた帰りの飛行機にも間に合わずお金を払ってキャンセルすることに。
 
うぅ、これはストレス。
 
早くビザおりろ〜…
 
で、政府が休みでビザはまず発行されないだろうと思ってた土曜日に、やーーっとビザ発行の連絡を受けました。
 
申請から発行までの期間は8日間。
まぁ決して長すぎる期間ではないけど、最後らへんはオーストラリアに早く帰りたくて帰りたくてしょうがなかった。
 
ビザ発行の連絡を受けてソッコー飛行機の予約を取ることに。
 
が、前日だからか日曜日の飛行機がめちゃめちゃ高い!
one wayのくせに7万以上したけど、帰りたくてしょうがなくて、しぶしぶそのチケットを買うことに。
 
で無事にオーストラリアで新しくワーホリ生活を始めることになりました ◡̈⃝
ニュージーランドもよかったけど、夏のくせに朝晩は寒いからやっぱりオーストラリアが好きだ。
 
最終的に、ニュージーランドにあまり良い思い出が残らなかったけど笑、今度はビザとか気にせず北の島にもいつか行ってみたいな。
 

記事をシェアしませんか?