Blog Archives

なまけるのも、がんばるのも、すべては自分次第。

S__20430877

今日はオーストラリアに来る前にセブに2ヶ月留学してた子と話をした。
なんでも、AUSとセブでは環境がまったく違うらしい。
 
セブは朝から晩までみっちり授業漬け。
に比べてAUSは16時には授業が終わるし誘惑も多いから、とても英語を勉強出来る環境ではないと。
 
だから今は友達作りに励んでたり、授業中も寝たりするそう。
もったいないなぁ(´・_・`)
 
確かにセブは良い環境だろうけど、AUSを英語勉強出来る環境じゃないと決めつけるのは違うと思う。
 
AUSだってセブだって、英語を身につけるかはすべて自分次第。
どんな環境だって、自分次第でまったく変わってくる。
 
わたし自身ここで6ヶ月学んで、必ず英語が上達すると信じてる。
てか大きい投資をしたんだから、自分にちゃんと見返りをあげたい。笑
 
自分を信じて行動することで”自信”がつく。
 
なまけるのも、がんばるのも、自分次第。
がんばれわたしー!
 
あ、今日スーパーでイケてるポテチをゲットしました。
S__20430877

 

なんでもグルテンフリーでナチュラルなポテチらしい。
S__20430878

 

人工着色料、人工香料、保存料不使用。
 
ちょっとしょっぱいけどおいしい♡
 

記事をシェアしませんか?


簡単すぎるグルテンフリーパンケーキ

o0480048013257150896

突然ですが、わたしが過食時によーーーく食べてたものNO.1は、ずばり「菓子パン」でした。
 
手軽に安く大量買い出来るから何かあれば菓子パンを食べてたんだよね。
 
がしかし、食べても食べても満腹になりづらい菓子パン。
そしてなんだか無性に食べたくなるのが菓子パン。
 
その中毒性にはちゃんと理由があったんです。
 
そう。最近よく聞く「グルテン」というもの。
 
グルテンとは、小麦やライ麦、大麦に含まれるタンパク質の1種のこと。
何に含まれてるかというと、パン、うどん、ピザ、パスタ、ピザ、ケーキ、クッキーなどなど・・・
 
わわわ、過食してた時に無性に欲してたものだらけじゃん!
と、びっくり。
 
グルテンを摂取すると、中に含まれる「グリアジン」という成分が脳内で麻薬のような働きをして、食欲を刺激。
そのため、パンやケーキを食べだすと止まらない!という現象を引き起こしてしまうと言われてるんです。
 
お、おそろしい・・・
 
しかも、グルテンは肌荒れ、老化、ニキビに加えて、やる気が出ない、いつも疲れてる、生理不順などの症状を引き起こす原因となる可能性もあるそう(°_°)
 
わたしはホリスティック栄養アドバイザーという栄養学にまつわる資格も持ってるんですが、グルテンの恐ろしさも十分に学んだので、なるべく控えようと思いながら生活してます。
 
とは言えども。
 
やっぱりパン屋さんのパンとかめっちゃ美味しいし、わたしは100%グルテンを摂取しない生活はあえて目指してはないので、あくまでも「なるべく摂らないようにこころがける」ことにしてます(^_^)
 
完璧を目指すなんて無理だもん!!
だから外食の時とかはちゃんとおいしーー!って思いながらグルテン食べてます(^_^)
 
てな訳で、そんなわたしは去年から米粉で作れるお菓子作りにハマってます。
 
米粉って見た目は小麦粉みたいなんだけど、100%お米で出来てるからもちろんグルテンフリーだし、出来上がりがもちもちになりやすいのが特徴。
  
てことで今日はわたしがよく作る超簡単な米粉パンケーキのレシピをご紹介します(^_^)
 
 
▽材料
米粉・・・100g
白玉粉・・・30g
ベーキングパウダー・・・5g
ハチミツorメープルシロップ・・・20g
卵・・・1個
豆乳・・・150cc
ミックスベリー・・・70g
*わたしはこの分量で直径約10cmのパンケーキが6枚出来ました。
 
 
▽作り方
1.材料すべてボウルに入れて、混ぜ合わせる。
2.オイルなしで、フライパンで焼いていく。おわり。(簡単!)
 
  
甘さが足りなかったらさらにメープルシロップをかけてみたり。
o0480048013257150896

 

ベリーの他にバナナとかくるみとか入れても美味しいです(^_^)
IMG_9996

 

砂糖は使ってないし、米粉だから腹持ちが良いし、おすすめです。
 
料理って気が紛れるし、自分が手をかけて作ったものって食べても吐きたい気持ちになりづらいと思う。
わたしも菓子パン食べると吐きたくなってたけど、親が作ってくれた手料理は吐きづらかったから。
 
あと、お菓子系を自分で作ってみると、砂糖こんなに使ってんの?って驚くこと多いから、わたしは自然にお菓子控えるようになりました。
 
過食嘔吐してる時は食べ物や料理を敬遠しがちだけど、あえて積極的に触れ合ってみる(立ち向かってみる)と何か変わることもあるかもしれないです(^_^)

記事をシェアしませんか?