なんでもいいって訳じゃないんだなぁ。

今日は何やら私にビジネスを紹介したいという人と会った。
 
彼は2年前から友人に紹介されたビジネスで、個人事業主として働いている。
 
このビジネスは、25を超える国で時間も自分の自由に働けるから、旅行が好きな人にもおすすめらしい。
 
なーんて魅力的なんだと思って蓋を開けてみたら、お決まりのネットワークビジネスだった。
 
ビジネスを人に紹介して、紹介された人ががんばると、権利収入が自分が入る仕組み。
 
日本で言うとアムウェイとかニュースキンとかと同じかな。
 
別に否定するつもりはないけど、私はやりたくない。
というか、これだけ条件が良いのに、1つもそそらない。
 
興味がないのだ。
 
「好きな時に好きな分だけ、どこでも働ける」
 
これに当てはまる仕事があるならやりたいなぁって思ってたけど、なんだかんだなんでもいい訳じゃなかったんだなぁ。
 
言い方も色々ある。
ネットワークビジネス、マルチ商法、ねずみ溝、フランチャイズ・・
細かい部分は違うのかもしれないけど。
 
始めるのに手っ取り早いし、基盤(ウェブサイトやら名刺やら)を用意してくれるところもあるから、合ってる人には合ってるんだろうな。
 
昔まだこのビジネスを知らなかった頃、すごく信頼してた人にネットワーク系のコスメを勧められてて買ってた時期があったけど、本当に私に合ってるから勧めてくれたのか、報酬が欲しくて勧めてたのかわからず、その人に対してもやもやしたことがあったな。
 
とまぁとりとめもないひとりごとでした。
 

記事をシェアしませんか?


もうすぐ30歳。

img_1985

明日でいよいよ30歳(^ω^)
 
毎年と同じように、本当にあっという間だった。
 
昔から誕生日は寒い時期だったから、去年もオーストラリアにいたとはいえ、今が11月だなんて信じられない。
 
そして自分が30歳だなんて。
 
昔はすごい大人なイメージだったけど、中身は昔とたいして変わらない。
 
30歳になれば何かが劇的に変わるってこともなくて、あ、でも、昔は30歳になったら、スーツ着てピンハイヒール履いてバリバリやってんだろうなぁって思ってたけど、今はTシャツ着てビーサン履いてスタバでのんびりしてる。笑
 
ずーーーっと、いつか必ず行きたいと思ってたゴールドコーストにいるってことが、自分にとっては幸せなんだと実感。
 
しかも今日はラッキーなことに短い間にざーっと雨が降った。
ていうのも、私は雨があがった後に見れる夕焼けが好きで。
空も雲も赤く染まって、雲によって明るいところと暗いところの差がはっきりした空が好きで。
 
そんな空の下で、ビーチに座ってぼーっと波を見てると、毒素が抜けるかんじがする。
 
改めて、素敵な場所に住んでるんだなぁ、来てよかったなぁって自分で自分に感動する。笑
 
29歳の1年は、彼と出会って、4回海外に行って、(結果的に)長く働けてる職場があって、ホームシックにもなったし、生活が全部英語だから相変わらず日々勉強の毎日だったな。
 
1番の思い出は、お姉と一緒に両親へハワイ旅行をプレゼント出来たこと。
念願のホノルルハーフマラソンもオカンと完走出来たし。
 
うちは国内旅行にはよく行くんだけど、海外へは一度しか行ったことがない。
両親があまり飛行機好きじゃないってのが大きいんだけど、体が不自由だった兄と旅行をするには国内の方が手軽だった。
 
私は昔からお金を稼いで時間を見つけては海外へ行ってたから、いつか両親を海外に連れて行ってあげたかった。
しかも、兼ねてからホノルルマラソンを夢見てたオカンのために。
で、それが今年叶った。
 
最初は渋々旅行に承知したオトンだったけど、ハワイに着いた途端うきうきしてるのが見えて、すごい嬉しかった。
 
旅行って人に充実を与えて、変える力があるんだなぁって心から思った。
 
ワーホリや留学もそうだ。
 
もちろん楽しいことばかりじゃない。
つらいことや苦しいこともたくさんあるけど、基本的に自分の力で解決するしかないし、その壁を乗り越えざるを得ないから、確実に成長出来る。
 
少しでも海外に興味がある人は、今すぐ行っちゃえばいいのに。
 
と言いつつ何年も行動起こせなかった私だけど。笑
 
でもオーストラリア来てよかったなぁ。
自分が英語で生活してるなんて、、がんばってるなぁ自分。笑
 
今この先のことについて決断をしないといけない時が来た。
ビザ、仕事、自分の人生、、
 
こういう時私はネガティブになっちゃいがちなんだけど、ちゃんと現実見て、何事も出来ない理由を探すんじゃなくて、どうしたら出来るのかを考えるようにしよう。(ももくろちゃんみたいに)
 
20代は良い意味でもがいた10年間だったなぁ。
 
自分が思い描く理想と、本当に自分にとって心地よいことのギャップに苦しんだ。
自分を高く見積もりすぎたし、必要以上に自己嫌悪になったりもした。
20代の半分は摂食障害で苦しんだ。
23歳で大手企業の課長にもなったし、4人しかいないベンチャー企業でも働いた。
5回転職した。
初めて海外へ1人旅に出た。
兄を亡くした。
オーストラリアへ留学・ワーホリを経験した。
 
この10年で、自分を良い意味で諦めること・認めることの大切さが身に付いた。
 
30代も、たくさん乗り越える壁があるんだろうけど、その時その時を大事に、今を大事に、生きていこう。
 
20代の自分、おつかれ(^ω^)
 
img_1985

記事をシェアしませんか?


朝起きることの大切さ。

1ヶ月半のホリデーを終えてオーストラリアに戻ってきました。
 
日本にいる家族と友達と過ごせて幸せだったな。
 
戻ってきてなんとなく気分がだるくて、なんとなくネガティブで、なんとなく彼に優しく出来ない。
 
前と同じようにホームシックかなーと思ってたけど、この状況と自分がすごくいやになって。
 
自分、人生間違えたかな、とさえ思うようになって。笑
 
こりゃいかん。
 
わかってる。
私の場合、こういう時は「とにかく行動すること」が解決に繋がるってこと。
 
で、自分の生活を振り返ってみると、睡眠時間と夜更かしに原因があるのかなって。
 
日本にいた頃は毎朝早く起きる甥っ子に会いたくて、苦手だった早起きが自然と出来るようになってた。
夜も早めに寝るし。
 
でもオーストラリアに帰ってきてからは、夜更かし&10時間寝るのは当たり前になってた。
 
仕事が飲食ってこともあって、いつも21時半すぎに終わってから夜ごはん食べて。
寝るのが午前1,2時くらい、昼前に起きる生活。
朝はだるくてなかなか起きれない。
 
寝る時間はともかく、寝過ぎがこのまま続くとウツになりそうだから、7~8時間の睡眠に抑えることにした。
 
初日でくじけそうになったけど、半分寝たまま外に出て、ビーチ沿いを軽くランニングした。
 
そしたらなんとも気分が爽快。
 
やっぱり太陽の力はすごいなぁって改めて思った。
 
午前中に時間があると余裕が出来るし、気分もすっきりして落ち着く。
 
ほんとに朝は苦手だけど、体が慣れるまでがんばって続けてみよう。
 

記事をシェアしませんか?