Category : 摂食障害

食べ物と気持ち良くつき合う。

img_9922

ピルをやめて初めての生理。  

いつもに増して生理痛がひどいしイライラもする(°_°)
こうゆう時は極力家でゆっくりしてたいもの・・  

でも私は生理が嫌いじゃないんです。
ていうのも、自分だけのルールがあって。  

生理中は自分が食べたいものや普段なるべく避けてるものを制限なしで食べてもよし、としてるんです(^_^)   

ただでさえイライラするのに、ここで食欲も我慢となると爆発しそうだし、生理中なら食べてもそんなに太らないんじゃないかっていう期待もあってw(←真相は不明。)

で、私は普段小麦粉類を極力避けるようにしてるんですね。

パスタやパンはグルテンフリーのものや、クッキーよりチョコレートを選んだり。  

なんでかっていうと、摂食障害だった頃にしつこいくらい実感してるように、私は小麦粉類の中毒性にやられやすいってことを知ってるから。
食べてもすぐおなかすくし、おなかすいてなくても手が出ちゃう。  

でも生理中には、普段あまり食べない小麦粉類を進んで食べることも。
中でもはまってるのがこれ。
img_9921

“TOSCANO”のベルギーワッフル。  

スーパーで簡単に手にはいるんだけど、これ、めちゃくちゃ美味しいんです。
今までお裾分けした友達も100%はまってる。  

でも食べるとほんとに止まらない魔のワッフル。笑
だからなるべく生理中にだけ買うようにしてます。  

今回は贅沢に、ワッフルを温めて、クッキー&クリームのアイスも一緒に(^_^)
甘ーくて美味しかったぁ。  

生理中にこういうの食べとくと、生理終わってイライラもなくなったら、小麦粉類の欲も不思議と消えます。  

人によって”食べたいけど避けてる食べ物”って色々あると思うけど、100%避けるんじゃなくて、メリハリをつけた食べ方をすると、罪悪感もなく気持ち良く食べ物とつき合えると思います(^_^)

記事をシェアしませんか?


グルテンフリーのパスタのような。

S__22659091

最近生活が(ありがたいことに?)目まぐるしくて、疲れ気味であります(°_°)
というのも年明けから新しくIELTSのコースを受けていて、ただでさえちんぷんかんぷんなのに宿題の量がはんぱない。
しかも今私は2つ仕事をかけ持ちしていて、ほぼ毎日働いてるから(そして仕事終わりに飲んで帰るから笑)目まぐるしく毎日がすぎてゆく。
 
仕事してお金稼ぎたいけど、高い授業料を払って英語を習いに来たっていう初心を忘れずに、本業の学生もがんばっていかないとな。
 
あ、そういえば最近パッタイにはまってます。
というのも、パスタが食べたくて、グルテンフリーのものを探してみたものの結構高い。
とゆーことで代わりにパッタイを使ってパスタを作ってみたら、案外イケる!
まるでフェットチーネのよう。
S__22659091

 

グルテンフリーだし安いし腹持ちいいし、最近は常備してます。
 
カルボナーラや、
S__22659090

 

シンプルにトマトソースも♡
S__22659089

 

パッタイとパスタソースだけ揃えれば簡単に作れます(^_^)
 

記事をシェアしませんか?


摂食障害は世界共通。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日に日に学校が楽しくなってきました(^_^)
 
友達がどんどん増えるってのが大きいかも。
顔見知りから友達になり、その友達が友達になり。
 
色んな国や年齢の人がいるからおもしろい!
この4日で友達になった人も、下は16歳〜上は35歳だったり、国籍もスイス、ブラジル、ドイツ、コロンビア、チリ、ドバイ、サウジアラビア、クウェートなどなど、めちゃめちゃ多国籍。
 
16歳の若者と、どんだけONE PIECE(漫画)が好きかって話で盛り上がったりするのが楽しい。笑
 
それに、みんな慣れない英語で一生懸命伝えようとするから、自然と絆みたいのが出来てくる。
些細なことでも伝わると嬉しいし、そうゆう意味では毎日小さい感動がたくさんあります(^_^)
 
28歳のアラサー学生、引き続き楽しみます(^_^)
 
今日はReading強化のために、本屋さんをうろうろ。
偶然、摂食障害に陥った女性について書かれた本(半分漫画みたいなもの)を見つけたので買ってみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最初のページに、ガイコツらしき人(痩せた人を描写してるのかな。)に女の子が首をつかまれて
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
“I told you not to eat. YOU ARE TOO FAT!!”
(食べるなってゆったじゃん!あんためちゃ太ってるよ!)
って言われてるイラストに心がズキッとしました。
 
どこの国でも女性の悩みは一緒なんだなぁ・・
少しずつ読んでみよう。

記事をシェアしませんか?