Monthly Archives: 2016年6月

人と繋がる大切さ。ぐすん。

IMG_8670

メール送ってくださったみなさま!本当にありがとうございます!!泣
嬉しくて泣きそうです。
 
人との繋がりがこんなに嬉しいものだと実感したのは久しぶりだ。
ブログ続ける活力になるし、ほんとに嬉しいし、ありがたい。泣
メール作ってよかったなぁ。
 
そして摂食障害で悩んでる方へ、些細ながらも何か力になれることがあればと改めて強く思ったので、何かご意見やリクエストやなんでもいいので何かあればメールください(^O^)インスタでも。
 
メールを見させてもらって自分でも気になったことがあったので共有します。
 
“果たして摂食障害は海外に行くと治るのか??”
 
これに関して、わたしは摂食障害を克服した後にオーストラリアに来たので、海外が摂食障害にどう影響するのかを断言出来ないんですが、個人的には、摂食障害の方が海外に行くととても良い影響があると思っています。
 
というのも、わたしが摂食障害を患っていた頃も何度か短期〜1ヶ月の期間で海外旅行に行きましたが、その間は一度も吐きたくならなかったし、吐きませんでした。
食べ過ぎはしたけどね。笑 
 
なんていうか、旅行中はどこを観光しようか、どこのレストランに行こうか調べたり出歩き回ったりして、余計なこと(自分の体型とか容姿とか)を考えるヒマがなかったのが大きいのかな。
 
わたしは日本にいた時(特に摂食障害だった時)は、自分のコンプレックスをすごい感じてて。
しかも日本て可愛い子が多いし細い子が多い!
無意識に人と自分を比べてコンプレックスを感じる時間が多かったんですよね。
 
で、オーストラリアに来てみると、まぁ海外の女の子ももちろん可愛いしキレイなんだけど、もう人種から違うから比べることがなくて。
素直に海外の人もキレイだし、自分のアジア顔も黒髪もキレイだなって思えるようになりました。
 
それになんといっても小顔問題がなくなる!笑
海外の人って顔の大きさに関して無頓着。お尻が大きい小さいとか背が高い低いとか、ただの人の特徴として見られていて、日本みたいに「顔ちっちゃいねー!」が褒め言葉ではなくなります。
 
どっかのサイトで見たけど、海外の人に顔ちっちゃいっていうと、逆に脳みそまで小さくいって言ってバカにしてるんじゃないかと思われることまであるそうで。
一度わたしがブラジル人の友達に、「日本は小顔が命で、そのために大金を払う人もいるんだよー」って言ったら、「え、なんで顔のサイズ?おっぱいのサイズが1番じゃないの??」って聞き返されたことがある。笑
 
体型に関しても、こっちはみんな大きいから気にならなくなる。笑 
それに日本人の美意識にありがちな、細ければなんぼみたいなマッチ棒体型が、こっちの美意識では頂点では断じてないんですよね。
 
お尻や胸が大きいのがセクシーだったり。
三段腹の女の子がぴったりニット着てたり、おばちゃんでさえショートパンツ吐いてたりとか、みんなほんとに気にしない。笑 
 
日本ってテレビや雑誌の影響か、細いのが当たり前に美意識の頂点みたいになってるよね。
わたしはそれを勝手にプレッシャーとして感じてました。そんな必要ないのに。
 
わたしはこっちに来て、自分の長所をもっと知ることが出来たし、日本にいたら感じるプレッシャーみたいのからは解放されました。
なんてちっちゃいこと気にしてたんだろうって思う。笑
 
だからわたしは摂食障害の方は海外に出てほしいなぁって思います。
新しい文化や人や色んな刺激を受けて、自分の体型やコンプレックスにかまう余裕がなくなるから。
 
楽だし楽しいよー海外!
 
わたしはつかの間のホームシックから復活して、彼とも話し合って仲戻って、オーストラリアで暮らせていることにありがたみを感じて、初心に戻ってます(^O^)
 
何よりメールいただいた嬉しさがハンパなくてブログももっと更新しようと思ったり、本当に励まされました!
感謝です♡
 
あそうだ、インスタには載せたんだけどtattoo入れました(^O^)
IMG_8670

おなかだから、服によってはちらりと見えるのが可愛くてお気に入り♡
 

記事をシェアしませんか?


初ホームシック

オーストラリアに来て初めてホームシックになりました…(°_°)
 
とゆーのも昨日めちゃめちゃ体調を崩して部屋で1人で安静にしてたら孤独を感じたとゆーのから始まり。
 
あと彼とちょっとしたケンカした(°_°)
ケンカとゆーか一方的にわたしが彼に対してイヤになったことがあって。
 
最近家と仕事との行き来しかしてないし主に彼としか話してないし、なんか閉塞感。
オーストラリアとゆー広大な土地にいるのに閉塞感…
 
家族や友達と話してたらめちゃめちゃ日本に帰りたくなったとゆー。
 
ふぅ。
 
とゆーことで何か(彼以外との)人との繋がりを感じられることをしたいなぁと思うこの頃。
 
生活が決まりすぎててちょっとマンネリしてるってゆーのもわたしらしくない。
 
ってゆーことをある友達に話したら、”Suna, just do it what you feel. Just do it.”と。
 
その子はわたしがどんなになまけものかを知ってるから、もうとにかく何か行動してみなよ、と。
 
シンプルだけど、今のわたしにとっては荷が重い。
友達に会いたいけど会いたくない。
外出したいけどしたくない。
何か変えたいけどめんどくさい。
 
めんどくさがりでなまけものなんて最悪だ。
それで自分が満足してればいいんだけど、何か足りない気がしてる。
これが1番やだ。
自分に満足してない。
でも結局いつもと同じことをしてたらいつもと同じ自分になるのは当たり前。
誰かが救ってくれるわけでもない。
自分を変えられるのは自分だけなんだ。
 
そう思ったらわたしはまだまだあまちゃんだなぁ…
 
体調を壊すと思考までごちゃごちゃになる。
なんでもいいからとにかく行動しろ、自分。
さもなくば行動しない自分を受け入れろ、自分。
 
あ、そうだ。
このブログ用にメアドを作ってみました。
yabouchan.suna@gmail.com
てゆーのもコメント欄を設けてないからこのブログ上で人と会話することが不可能ってゆーのに気付いて。
 
なんでもいいので何かあったら気軽にメールください(^O^)
インスタでもいいし。
 
ぐんない。
 

記事をシェアしませんか?


救いの麻婆豆腐。

S__24788996

Hello〜本日ゴールドコーストは嵐です。
 
てことて夜からのバイトがキャンセルになりましたーやったー(^O^)
 
前回書いた愚痴ブログの翌日、ようやく食べ過ぎに飽きがきました。
 
ごく自然に飽きがくる時もあるけど、今回食べ過ぎから私を救ってくれたのは麻婆豆腐。
 
ていうのも、(特に生理前)食べ過ぎちゃう時って、麺やらパンやらの小麦粉類かアイスやお菓子やらの甘いものに手を出すことが多い私。
 
でも、こーゆーものって食べたら食べるだけもっともっと欲してしまう、困った食べ物。
 
そう、砂糖やグルテンは麻薬的な働きをするんですよ・・
 
だから一度食べ過ぎちゃうとなかなか止まらない。
 
で、そーゆーのばっか食べちゃうと体がちゃんと栄養を補ってないから満足しなくて、もっと食べたくなる、とゆー負のスパイラル。
 
そこで役に立つのが豆腐。
 
食べ過ぎちゃうなーって時に豆腐料理を食べると、不思議と過食が止まる。
 
そういえば、純豆腐にはまって毎日食べてた時期は、食べ過ぎが抑えられてた。
 
今回はぷらりと寄った中華料理屋でたまたま目についた麻婆豆腐を食べたら、もうその後から余計なもん食べたくなくなった。
 
豆腐の力はすごい(^O^)
 
その後に寄ったスーパーで買ったものがこれら。
S__24788995

極端すぎるくらいザ・ヘルシーなものばかり!笑
(黒い丸いのはアボカドです。)
 
ちなみに興味で買ったグルテンフリーのカップラーメンはほんとにまずかった。
S__24788996

当分はおなかに優しいものを食べて体を労ってあげないとな。
 

記事をシェアしませんか?