Monthly Archives: 2016年5月

ビザ切替のためにニュージーランドへ1人旅

IMG_6109

Instagram♡follow me
 
どうも、SUNAです。
 
最近近所にユニクロとH&Mが出来てうきうきしてます。
 
そういえば2月にニュージーランドに行ってきました。
 
というのも、学生ビザからワーホリビザに切り替えるのに、一旦オーストラリアを出ないといけなくて、久々に1人旅してきました。
 
今回の1番のビッグイベントはテカポで世界一の星空を見ること!
とゆーことで、広大な自然があるニュージーランドの南島を廻ることに。
 
着いた空港はクライストチャーチ。
 
2011年に大きな地震があった影響で、街全体が工事中、真新しいスタイリッシュなビルが多くて近未来のようなイメージを受けた。
 
着いたバッパーでビザを申請し、あとはのんびり。
 
バッパーの周りにはなんにもなくて、スーパーへ行くにも徒歩30分。
でも道全体が広くてなんだか歩いてるだけで気持ちよかった。
 
2日目にいよいよテカポへ。
バスで3時間くらいでテカポに到着!
 
テカポの街の前に広がる湖がとにかく信じられないくらい真っ青で、後ろに広がる茶色の山々と合わせて見ると、なんだか宇宙みたいだった。
IMG_6086

 
すでに感動っ!
 
テカポへ着くと”湖畔”というサーモン丼が有名なレストランへ。
IMG_6036

お、美味しい!
 
久しぶりに本格的なサーモン食べたから、築地で食べた海鮮丼並に感動した。
 
で、夜はツアーで山の上にある天文台から星を見ることに。
前の日も2日前も天気が悪くてツアーが中止になったらしく、ちょうど晴れた日にツアーに参加出来てラッキー ◡̈⃝
 
テカポの街は星空観測のためにとにかく暗ーくしなければいけない決まりだそうで、あかりは極力赤いライトを使う。
 
星空は期待通り肉眼できれいに見えて、天文台からもいくつか見させてもらって大満足でした。
 
でも正直、アメリカのグランドキャニオンからラスベガスに行く途中で見た星空の方がすごかった。
あそこはただ道が広がるだけで光がまったくないから、すっごいきれいに見えて、めちゃめちゃ感動したのを覚えている。
 
とは言いつつ憧れのテカポで星空を見れて夢が叶った!わーい!
この写真は私の普通のデジカメでプロのカメラマンが撮ってくれたお宝もの。
IMG_6109

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いやーやっぱりプロはすごいなぁ。
 
その後はクイーンズタウンに行きました。
 
ここはクライストチャーチと違って、バーやカフェが街の中にたくさんあって人が多いからうきうきする ◡̈⃝
 
そこからミルフォードサウンド、テアナウ、マウントクックと行きたいところに行きまくり。
 
ニュージーランドはとにかく自然が広大!
どこへ行くにも行きのバスで想像以上の自然が見れるから、うっとりしてため息ばかりつく。
バスからの景色。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミルフォードサウンド
IMG_6304

ミラーレイク
IMG_6318

テアナウで食べたベニソンパイ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ネットでは好みが別れるって書いてあったけど私は好きだった。
 
マウントクック
IMG_6418

クイーンズタウンで食べた世界一と言われるハンバーガー”Fergburger”
IMG_6526

ニュージーランドは自然を見るには贅沢な場所。
私的にはミルフォードサウンドとテアナウの土ボタル洞窟ツアーはおすすめ!!
 
マウントクックは行っても行かなくてもいいかな。
どこも景色がすばらしすぎてマウントクックにはあまり特別な感動はなかった。
 
で、肝心のビザですが、申請から5〜6日たってもまだおりず。
ネットでは即発行される人もいれば、平均が3日って書いてあったから余裕で発行されてる予定だったんだけど、予想以上に時間がかかりまして。
 
ここにきて問題はお金。
ニュージーランド、すばらしいけど物価や何もかもが高い。
 
オーストラリアと同じくらいではあるけど、私はツアーや移動のバスにがんがんお金を使ってきちゃったから、予想以上に出費しちゃって焦りはじめ。
 
でも行きたいとこには全部行けたから、とにかくクライストチャーチに戻ってひたすらビザを待つことに。
 
この、いつ発行されるかわからないビザをひたすら待つことがけっこうきつい。
 
オーストラリアを出る時に強制的に取らされた帰りの飛行機にも間に合わずお金を払ってキャンセルすることに。
 
うぅ、これはストレス。
 
早くビザおりろ〜…
 
で、政府が休みでビザはまず発行されないだろうと思ってた土曜日に、やーーっとビザ発行の連絡を受けました。
 
申請から発行までの期間は8日間。
まぁ決して長すぎる期間ではないけど、最後らへんはオーストラリアに早く帰りたくて帰りたくてしょうがなかった。
 
ビザ発行の連絡を受けてソッコー飛行機の予約を取ることに。
 
が、前日だからか日曜日の飛行機がめちゃめちゃ高い!
one wayのくせに7万以上したけど、帰りたくてしょうがなくて、しぶしぶそのチケットを買うことに。
 
で無事にオーストラリアで新しくワーホリ生活を始めることになりました ◡̈⃝
ニュージーランドもよかったけど、夏のくせに朝晩は寒いからやっぱりオーストラリアが好きだ。
 
最終的に、ニュージーランドにあまり良い思い出が残らなかったけど笑、今度はビザとか気にせず北の島にもいつか行ってみたいな。
 

記事をシェアしませんか?


オーストラリアの意外な仕事事情

Instagram♡follow me
 
どうも、ここオーストラリアは朝晩肌寒くなってきました。
 
今スタバのスラペチーノをテラス席で飲んでるんだけど、寒くて震えてます。
 
突然ですがここ最近仕事に対してめちゃめちゃストレスなことがあって、多分オーストラリアで働いたことがある人は同感してくれるかも。
 
私は今何個か仕事をかけ持ちして働いてるんだけど、その中の1つのレストランの仕事。
 
ここはオージーのオーナーが運営してるジャパレスで、従業員は中国・台湾・日本とアジア人のみ。
ジャパレスといえど給料はローカルレストランと同じく、日曜日だと時給$30近くという好条件。
 
で、私は3月末から働き出しだんだけど、ここ3週間くらいは静かな時期ってのもあってあまりシフトがもらえなかったんです。
 
てかもらえなさすぎで。
 
週にたったの5時間っていうシフトが3週間も続いて。
 
私は他の仕事も持ってるから生活にとても困る訳ではないんだけど、やっぱりもっとシフトはほしい。
 
ってことでマネージャー(チャイニーズ)になんでこんなにシフトが少ないのかって聞いたら、「あんたはニュースタッフだから」ってさ。
 
なんだよそれ、納得できん!
 
だってニュースタッフだからこそトレーニングが必要だし、週に5時間(しかもランチ時間)だとどうやったって上達は遅くなるでしょーが!
 
私はこの時てっきりマネージャーが私のこと嫌いだからかと思ってた。(そのくらい納得できなかった。)
 
そんでもって他のマネージャーにも抗議したら、次の週から少しシフトを増やしてもらえることになったので、お、やったーやっぱり自分の気持ち伝えてよかったぁって思ってたんですが…
 
このことを後日他の仲良いスタッフに話したら、「あんたそんなことマネージャーにゆったの??!あんたくびにされるよっ!!」ってゆわれる始末。
 
その子いわく、前に働いてたスタッフが私と同じような立場で、シフトを増やしてくれってマネージャーに言った後に、いつのまにかくびになってたとのこと。
 
え、なんで?なんでだ??
 
ってことでオージーの彼(あ、実はこっちで彼氏が出来たんです!w)にこのことを聞いてみたら、オーストラリアでは普通とのこと。
 
つまり、3ヶ月くらいは新人にとってトレーニング期間で、なんでも出来るようになってからじゃないとシフトがもらえないガチ実力主義。
 
えーーーーっなんだそれ、オージーって働かないイメージだったよ!
 
厳しいなぁオーストラリア…
 
こっちに来て9ヶ月目にして初めてオーストラリアについてネガティブなことを思った瞬間だった…
 
てか今まで屋台のおもちゃ屋さんとかケバブ屋さんとか1人か2人ってゆう少人数で働く仕事か、皿洗いやハウスキーピングってゆう嫌すぎてすぐやめた仕事しかしたことなかったからわからなかった。
 
実力主義かぁ、確かに替えは山ほどいるもんなぁ…
 
日本とは違うよね。
日本だと仕事を始めちゃえば仕事が出来なくても(ほんとにだめだめじゃない限り)、続けていけるもんね。
 
てことでバイト行くにも会社と同じように緊張感ぴりぴりで行かなきゃいけないはめに。
 
てか不満を言わないのが日本人ってよく言うけど、不満とか思ったことをすぐ言っちゃう私は日本人の良さにちょっと欠けてるってことか。笑
 
あ〜憂鬱だ。
ってゆうのも、もう1人のマネージャーにも私は不満を伝えたんだけど、そのマネージャーが前回スタッフをくびにしたらしく。
友達いわく、今は彼がホリデーとってて店にいないから私はくびにされてないらしいらしく、彼が戻ってきたらわからないよ、と。
 
あ〜もうなんかトホホだ。
 
他の仕事をまた見つけるのもめんどくさいし、やっと全体の仕事を覚えてきたからすぐにやめたくはない。
 
とりあえず今入ってるシフトを一生懸命やるしかない!
 
がんばれ自分!!
 

記事をシェアしませんか?