Monthly Archives: 2015年6月

ファストフードを再現してみる。

IMG_9907

わたしは摂食障害を克服してからは、なるべくファストフードは食べないようにしてます。
 
コンビニのごはん類はもう2年以上食べてない。
わたしの場合、安くて手軽に手に入れられて、作った人の顔が見えにくいものほど過食につながりやすかったので(°_°) 
 
でも!
無性にポテト食べたくなる時!
ってあるんですよね。
 
でもファストフードのは食べたくないし・・・
ってゆー時は、よし。作っちゃおう。
 
余分なものは使いたくないので、素揚げで。
 
▽材料
じゃがいも・・・好きなだけ
お好みのスパイス・・・適量
*今回は塩、青のりを使いました。
 
1.じゃがいもをお好みのポテトサイズに切って水につけてでんぷんを落とす。
2.キッチンペーパーで水分を拭き取る。
IMG_9893

 

3.フライパンにじゃがいもと冷めたままの油を入れ、火をつけて中火で揚げていく。
IMG_9896

 

4.良い色になってきたら最後に強火で一気にカリッと揚げて、引き上げたら、余分な油をペーパーで吸い取る。
5.熱いうちにスパイスをふりかけて出来上がり。
IMG_9907

 

スパイスは、カレー、チーズ、バジル、コンソメ、チリパウダーとかも美味しそうだし、シナモンとか甘いのでもイケそう。
混ぜても良いし、元々甘いじゃがいもだったらスパイスなしでも美味しいです(^_^)
 
この要領で、米粉パン使ったりしてハンバーガーもたまに作るんですが、ファストフードの再現ってなかなかおもしろい。
 
自分流にアレンジ出来るから、100%自分好みのものが出来るし!
ピクルス大量とか(^_^)

記事をシェアしませんか?


留学も旅も、しなきゃよかったなんて人見たことない。

44889313

先日わたしの母が、「あばれる君」のことを「がんばる君」って間違えてて笑った。笑
めっちゃ惜しい。笑
 
 
話は変わり。
留学を決めた時から、なんでオーストラリアなのかって聞かれることがよくあります。
 
なまりもあるし物価も高いし。
 
これ生活費が高い国TOP20って記事なんだけど、なんと日本が入ってないのに、オーストラリアが6位にランクインしてるんです。意外!
http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/22/most-expensive-countries-to-live-in_n_6528630.html
 
 
で、なんでオーストラリアを選んだのか?
 
だって、単純に、
 
オーストラリア行ってみたかったんだもんw
 
カナダとアメリカは行ったことあるし、イギリスは天気悪そうだし、セブはここにも書いた通りオーストラリアには劣るし。(個人の感想です。)
 
昔通ってた英会話教室に飾ってあったカレンダーにオペラハウスの写真があったんだけど、それがキレイすぎて衝撃を受けたことがあるんです。
その頃からいつか行ってみたい国の1つになってた。
 
今回行く街はオペラハウスのシドニーじゃなくてゴールドコーストなんですが(^_^)
 
年中温暖で、キレイで長ーいビーチに、高ーいビル群。
ビーチとオフィス街好きなわたしからするとどんぴしゃな街!
44889313

 

あと、真夏のクリスマスにサンタの格好してビーチで遊ぶってのをどうしてもやってみたくて。笑
 
こんなかんじの簡単な理由です。
半年以上も生活するんだから、どうせだったら暮らしてみたい街に行きたいなーと思って。
 
日本人が多い?
物価が高い?
 
関係ないっすw
 
留学ってなると、色んな人がご丁寧にネガティブなアドバイスをくれます。
「ゴールドコーストは観光地だし英語を学ぶ環境じゃないよ!絶対やめたほうがいいよ!」
  
「・・・アナタ、ゴールドコーストにリュウガクしたことないよネ?」
 
想像でネガティブなこと言うのやめてもらいたい。
知ったかぶりで言ってもらっても、それを聞く程素直じゃないですわたし(´・_・`)
 
もちろん経験者や詳しい人のアドバイスはめっちゃ聞いてます。
でもわたしが出会った、ゴールドコーストに留学・居住経験がある人の中で、ネガティブなこと言う人、不思議と1人もいません。
  
旅もそう。
初めて1人旅行くって時も、未経験者は反対するし(引かれるし)、経験者は(気をつけろよ!とは言うものの)絶対行ってこい!って言うし。
 
そんなもんだよね。
 
もし留学考えてる人いたら、せめて経験者の話を聞くことをおすすめします(^_^)
未経験者の反対で諦めちゃったりしたらもったいなさすぎ。
 
とはいえ、物価は安い方が良いし、どこ行ったってネガティブな部分はあると思う。
でも、それを含めても行きたいって思える場所に行けたら、それだけで行ってよかったって思える自信がある。
 
しかも28歳という歳になってからの学生生活。
もう楽しみしかないw

記事をシェアしませんか?