摂食障害3 過食嘔吐→ただの過食→人生MAX体重(°_°)

高校を卒業して、晴れて大学へと進学したわたし。
相変わらず摂食障害は続いてました。
一度過食のスイッチが入っちゃうと、おなかがパンパンになるまで食べて吐く、という一連の流れが終わるまで止められませんでした。
 
朝ごはん食べたら吐きたくなって、午前中の授業はよくさぼってて、せっかく高い授業料を払って大学に通わせてくれている親に申し訳なくて、引き続き自己嫌悪の毎日。
 
新しく出来た友達に過食嘔吐してることをバレたくないから、高校の時と同じように、友達の前では普通にごはんを食べて、別れた後に吐いてた。
 
そういうフリをするのも苦しかったけど、せめて友達の前では食欲を自由にコントロール出来るまともな人間でありたかったんです。
 
この頃から「フツウの人間になりたい」って常に願ってた(°_°)
 
ちゃんと食欲をコントロール出来て、お皿に食べ物が残っててもおなかいっぱいになったらごちそうさまが出来て、おなかがすいてなかったら食べ物を勧められても断れる。
 
そんな当たり前でフツウのことが出来なくて、気がついたらいつも自分を責めて、自分の意志の弱さに絶望してた。
 
そんなある日、とうとう家族に過食嘔吐してることがバレてしまったんです。
 
家のトイレで何度も吐いてたからそりゃバレるよな…と思いつつも、それでも吐いてることを指摘された時は恥ずかしさとショックでたまらなかった。
 
摂食障害って、食べたいだけ食べて吐く、食べ物やお金を大量に無駄にする行為。
家族もわたしの行動は本当に理解しがたかったと思う。
 
家族からはすぐ吐くことをやめるように説得されて、その場で頷くことでもう話題は終わりました。
 
でもその時わたしがまっ先に考えたことは、「家族のためにやめよう」ではなく、「これからどこで吐こう…」ってことだった。

完全に病気に捕われてました(°_°)
 
結局、家族に心配かけたくないから、家では普通に食べて、食後の散歩とか言って近くのショッピングセンターのトイレで吐くパターンに(°_°)
 
だめなことだってわかってるのに止められない。
 
友達はおしゃれやショッピング、将来のこととか考えてるのに、自分はどうして四六時中食べ物と体型のことしか考えられないんだろう。
 
友達はおしゃれにお金を使っているのに、自分はどうして食べ物にばかりお金を使ってしまうんだろう。
 
自分のこと否定してばかりでした。
 
 
その内、食べ物を口にした瞬間、どうやって吐くかで頭がいっぱいになっちゃって、まともに人と話せなくなりました。
 
それに、吐いてるから体は痩せてるけど顔はパンパンっていう、典型的な過食嘔吐スタイルだったから、久しぶりの友達と会うことが出来なくなりました。
 
「太ったね」って言われることが何よりも怖かったんです。
 
でも友達に会いたい気持ちはあるから約束はするものの、当日になって過食嘔吐が止まらずドタキャンしたことも。(ごめんなさい) 

でも、このままじゃいかん!と思って、食べても断固吐かない!って決めた時期もありました。
とにかく過食嘔吐生活から抜け出したかったし、もう1つ大きな理由があって。
 
それは高校時代からつきあっていた彼という存在。
 
わたしはこの頃、自己嫌悪とネガティブに囲まれた毎日だったんだけど、そんな中でも彼の存在は救いだった。
 
彼は良い意味であまり物事に執着がなく、どちらかというと鈍感なタイプ。
ポジティブであまり悩まない性格の彼といるととても楽でした。
 
それに、彼はいわゆる本物の痩せの大食いで、かなりの量も余裕でたいらげる姿は見ていて気持ち良かったし、そういう所も好きだった。
 
彼にどん引きされる覚悟で摂食障害を打ち明けた時、気持ち悪がりもせず、ただただ話を聞いてくれた時は本当に救われました( ´-` )
 
それまで、彼と食事をしてバイバイした後に吐いてたりしたけど、食事をした後も吐きたい衝動が収まるまでしばらく一緒に過ごしてくれたりもして。
 
今だったら絶対吐くことをやめられる!と思って、過食をしてもしばらく一切吐かなかった。
 
そうすると当たり前のように、わたしの体重はどんどん増えてって、なんと痩せていたピークの時よりも、15キロも太っちゃったんです(°_°)!
 
それでも彼はわたしに太ったとは一切言わなかったんですよ。ホロリ。
 
ただ、日々太ってく自分が許せなくてストレスがたまる一方のわたしは、同じ量を食べても太らない彼に、なんと、嫉妬して八つ当たりするようになっちゃったんです。
 
どうしてわたしは太るのに、あんたは太らないんだよぉ〜!!泣
 
彼は何も悪くないし、完全にとばっちり。
  
そんな時も怒らず受け流してくれた彼。(神!)
結局何年か後に別れてしまったんですが、彼には今でも感謝しています。
 
そして20歳の頃には人生最大の体重になってました。

記事をシェアしませんか?