摂食障害5 過食おさまる

過食しても吐くのを我慢して人生最大の体重になったわたし。
 
吐かないでいるのは体力的には楽だったけど、明らかに太った自分を鏡で見るのは精神的につらかった(°_°)
 
太る=自分をコントロール出来ないダメ人間ていうイメージがあったし、顔も体もパンパンな自分を認められなくてストレスはたまるばかり。
 
吐かないから病気が治ったって訳でもなくて、ただ「過食嘔吐」が「過食」になっただけ。
 
相変わらず苦しくなるまで食べなければ気が済まなかったから、とにかくいっつもおなかが苦しい状態だった。
おなかが苦しくて横になれなくて、座ったまま寝たこともあるくらい(°_°)
 
結局苦しさに耐えられなくてまた吐いてしまうことに…
 
でも、この頃奇跡的に「過食」も「嘔吐」もしなくなった時期があったんです。
 
それはカナダへ留学をした時。
 
元々英語と海外に行くのが好きだったから、ずっと楽しみにしてたイベント。
1ヶ月の短期だったけど、その間の生活はすべてが新しくて楽しくてしょうがなかった!
 
ホームステイだったから食事の量も決まってて過食手前でごちそうさま出来たし、とにかく宿題と勉強と遊びに夢中だったから過食嘔吐するヒマがなかったんですよね。
 
久しぶりにフツウの人間に戻れた貴重な期間。笑
 
このまま治るかもーと思ってたけど、帰国してから間もなくまた過食嘔吐生活に戻っちゃった。
 
でもこの時の経験で、少しだけ治すヒントを得たような気がしたんです。
 
今ははっきりわかるけど、何かに夢中になると、周りの目や体型が良い意味で気にならなくなるんです。

それはどうしてか?
単純に体型のことを考えるヒマがなくなるってのもあるけど、何かに夢中になる程のめり込むと、その何かが自分の経験や能力となって自信がつくからだと思う。
 
外見じゃなく内面の自信。
 
その自信が表情やオーラとなって出てきて、人を輝かせる。
だから、周りの目や体型を気にする時間があったら、自分が楽しいと思うことをやった方がよっぽど健康的です(^_^) 
 
留学後もまた過食嘔吐をするようになっちゃったけど、前より頻度が少なくなって症状が良くなってきたんです。
ていうのも、この後すぐに就活の時期になって、何かとやることとか考えることが自然に増えたから。
 
何社か受けて、結局縁があった広告会社に行くことに。
 
社会人になるのわくわくしてたなぁ。
わたしは学生じゃなくなるのやだとかまったく思いませんでした。
 
逆にやることが増えてヒマな時間がなくなってほしかったし、学生時代に色んな業種のバイトを経験したんですけど、なんだかんだ働くの好きだったんです。
社会で人と関わることで、世界が広がっていくかんじがして。
 
色々やってみて1つわかったのは、わたしに外見を如実に求められるような仕事は向いてないってことでした。
 
とにかくなんでも興味があったので、バイトでイベコン、アパレル、メディア業とか色々やってみたんですが、決まって、仕事の前後に過食嘔吐がひどくなってしまってました。
 
華やかな世界はキレイで細い子だらけで、自分と比べて落ち込むばかり。
ちょっとでも痩せなきゃって脅迫観念に襲われて心から楽しめませんでした(°_°) 
  
そんなこんなで新生活へのわくわく感から、大学生の最後の方は過食嘔吐がほとんどなくなりました。

記事をシェアしませんか?