摂食障害2 初期段階

食べられなくなって一気に体重が減ったわたし。
 
この時はしばらく全然食べなかった、いわゆる拒食状態。
 
1日ヨーグルト1個だけとか、飲むヨーグルトだけの日とかざらでした。
(やたらヨーグルトにハマってた。)
 
でもそんな生活が続くわけもなく、ついに吐くことを覚えてしまったわたし(°_°)
 
ずーっとろくに食べてない状態で、何かを一口でも食べると、もうそこから食欲が止まらなくなってしまうんです。
体が飢餓状態にあるから必死に食べようとするのは当たり前なんだけどね。
 
食べて食べておなかパンパンになるまで食べて、やっと我に返るってかんじ。
 
で、「やばい…太る…」って怖くなって必死に吐くパターン。
 
吐くことを覚えてからは拒食と過食嘔吐のローテーションで、ますます症状が悪くなっていきました。
 
基本的に学校にいる間は吐けないから極力食べず、帰り道にコンビニやスーパーで買った大量のパンとかお菓子を食べて家に着いたら吐くってことを繰り返してた。
 
お昼はまともに食べれないから、母がせっかく作ってくれたお弁当を捨ててしまったこともあります…
せっかくもらったお小遣いはみんな過食用の食費で消えてくし、とにかく毎日自己嫌悪。
 
そしてとにかく必死。
 
家族や友達にバレないように、隠れて過食嘔吐して。
周りからは自然に痩せ体型を保ってると思われてて、痩せるために何も努力してませんーって顔して。
 
変なプライド持ってたな。
 
苦しかったんだけど、苦しいっていう自分の気持ちにすら気付かなかった。
というか摂食障害っていう病気の自覚がなかった。
 
次第に、夜だけだった過食嘔吐を朝もやってしまうようになり、そのせいで週に2~3度は学校を遅刻するようになりました。
(でも意地でも休まなかったから皆勤賞とれた奇跡ww)
 
そして体重もさらに落ちていきました。
 
周りのほとんどが痩せてうらやましー!っていう反応だった中、本気で心配してくれる優しい人もいたんだけど、当時のわたしは心配されることが嬉しくて、逆にさらに痩せたいって気持ちになってた。
 
ただのかまってちゃんじゃん…(°_°) 
プライドが高い上にかまってちゃんなんて、超めんどくさいですよね。笑
 
その後、過食嘔吐の回数が増えてからは、友達といる時でも過食欲が抑えられなくなって。
一緒にいる時にものすごい量を食べて、別れたら吐くってことを何度かしてたら、痩せの大食いだとか言われ始めるようになって。
 
「痩せの大食い」って言葉は言われて嫌な気がしなかったし、それどころかこのレッテルを保たねば!なんて勝手に思って、人前でめっちゃ食べては隠れて吐いてた。
大食い選手権みたい(°_°)
 
この頃が人生で一番ガリガリだったなぁ。
わたし身長168cmあるんだけど、MAX45kgまで落ちました。
 
お風呂入ってる時にお尻の骨が浴槽にあたって痛かったの覚えてる(°_°)
でもしょっちゅう吐いてたから顔だけはアンパンマンみたいに基本ぱんぱん。
 
てな具合でこの頃は、ほぼ毎日拒食と過食嘔吐を繰り返してました。
 
それでもなんとか日常生活は過ごしてたし、部活も恋もしてたし、周りからは病気には見えなかったと思う。
自分も病気なんて思わなかったし。
 
摂食障害の初期段階だったのか、この頃は吐くことに自己嫌悪はありつつも、これがいつまで続くのかとか、病気なんだとか深く考えませんでした。

記事をシェアしませんか?