摂食障害4 おサイフ事情

えーと、今日の話はかなり自虐です。笑
こんなやつでも摂食障害って治せるんだ!って安心してもらえたら嬉しいなぁ。笑
 

摂食障害を長く続けていると、当たり前だけどお金がかかります。
 
大体、一度の過食の金額は1000円〜3000円位。
 
いつも1000円までにおさえようと思いつつも超えてしまうことなんてざらだったし、多い時には一度に5000円以上使ってしまったこともありました。
 
というのもわたしの場合、毎回「今日で過食はやめよう!」って決意してたもんだから、最後だと思って無駄に高いものを買ってしまったりしてたんですよ(°_°)
(あるある?)
 
例えば、過食する時って、普段避けようとしている食べ物を選びがちなんですが、
(わたしの場合、菓子パンや麺類がそうだった。)
 
となると、パンを食べるのは人生で今日が最後だから、思いきって1つ500円する美味しいパン屋さんのパンを記念に食べとこう!みたいなかんじで余計にお金使っちゃったりするんですよ。ちーん。
 
20歳そこらで一生パンを食べないって決めつけるなんて相当無理あるよなぁ…笑
 
でもなんだかんだ結局やめられないから、過食をやめられない自分と、お金を余計に使ってしまった自分をダブルで責めるという負の連鎖。
 
こうして昔を振り返ると、摂食障害という病気にとても振り回されてたなぁって改めて思います。
 
で、そんなかんじでお金を使い続けていたら、とうとう貯金が底をつきる瞬間がきちゃったんですよね。
 
バイト料もないし、親からお金をもらうのは悪いし…
どうしようーと考えてたら、ふと手元にあるカードに目がいったんです。
 
あ、そうだ!カードで買えばいんじゃーん!るん♪
 
で、その時から食費に使いまくってたら、(当たり前だけど)すぐに限度額に達して、カードが使えなくなっちゃったんです。
 
30万円が…食費だけに…キエタ…(°_°)
 
でもわたしには、30万円を使ってしまった事実よりも、カードが使えなくて食費がなくなったショックのが大きかったんです。
 
そして、ついに手を出してしまったのがキャッシング。
 
当時、お買い物枠と別に30万円分のキャッシング枠を持ってたので、そこからは魔法のようにカードから出てくるお金で食べ物を買ってました。
 
そしてとうとうキャッシング枠も使い切ってしまった時に、やっと自分がしてしまった事の重大さに気づいたんです(°_°)
 
おや?わたしこれ一体何年払い続けるんだ?(´・_・`)

リボ払いの返済プランを見て愕然となったわたし。
 
ここまで来るとヤバいですよね。笑
今60万円あったら何するかなぁ…(遠い目)
 
それからは食費に対して多額の出費をすることはなくなって、細々と返済して行くことになるんだけど、こんなヤバい状況になっても過食はやめられませんでした。泣

記事をシェアしませんか?